【暗記カード】意外と大事な会長通牒を覚えよう!~公認会計士監査の信頼回復に向けた監査業務への取組 ~

シェアする




公認会計士監査の信頼回復に向けた監査業務への取組(平成28年1月27日 会長通牒)

監査人は、資本(証券でも可)市場の健全な発展に寄与すべく、監査の実施に当たっては、厳正な態度で臨まなければならない。

昨今の度重なる会計不祥事(会計不正でも可)は、監査の信頼を揺るがすものであり、公認会計士監査の信頼回復のため、会員各位には下記の点について特に留意し、真摯に監査業務に取り組むことを強く要請する。

  1. リスク・アプローチに基づく監査
  2. 職業的専門家としての懐疑心
  3. 経営者による内部統制を無効化するリスク
  4. 会計上の見積りの監査
  5. 監査チーム内の情報共有
  6. 審査
  7. 監査時間期間の確保

監査人は強い態度で監査業務に臨むことが必要である。

監査は公共の利益のために行われている点、すなわち、被監査会社の株主投資家(投資者でも可)等、監査報告書の利用者のために行われている点を踏まえ、会計不祥事(会計不正でも可)が繰り返されることのないよう、職業的懐疑心をもって監査を実施しているかを厳しく自問していただきたい。

こちらもおすすめ