【税効果会計】繰延税金資産と繰延税金負債

シェアする

繰延税金資産(繰延税金負債)には税金の前払い(後払い)という性質があるが、なぜ「前払法人税等」「未払法人税等」という表示科目にすると不適切なのか、理由を述べよ。

» 正解は・・・

【解答】
前払法人税等・未払法人税等という科目では、当期の前払額・未払額が確定している。これに対し、繰延税金負債・資産は確定的ではなく潜在的な影響でしかない。

たとえば、欠損(赤字)が続き、課税所得が生まれなかった場合には、納税自体が発生しない。

» 閉じる




こちらもおすすめ