不正による重要な虚偽表示の疑義があると判断された場合の審査

シェアする

期中の手続きで不正による重要な虚偽表示の疑義(㋐)が検出された。

審査担当者は何を確認・検討すべき?

  1. 監査計画は適切に修正されたか
  2. ㋐の重要性・重要な虚偽表示発生リスクについて判断は適切か
  3. 実施されたリスク対応手続きの種類・時期・範囲は適切か
  4. 監査証拠は適切か
  5. 専門的な見解の問合せは必要か
  6. 各手続きの結論は適切か




こちらもおすすめ