自己株式の取得・処分による資本剰余金の増減

シェアする

以下の取引により資本剰余金はいくら増減するか計算しなさい。

  1. 自己株式200株を1株当たり80千円で取得した。付随費用100千円と合わせて16,100千円を小切手を振り出して決済した。
  2. 自己株式100株を処分するとともに、新株100株を発行した。1株当たり70千円の現金による払込を受け、会社法で求められている最低額を資本金とした。自己株式の処分と新株の発行のために直接支出した費用100千円は小切手を振り出して決済した。

» 正解は・・・

【解答】3000千円増加する。

» 閉じる




こちらもおすすめ