固定資産か流動資産かの判断

シェアする

銘柄 分類 前T/B 期末時点の市場価格
A社株式 関連会社株式 4100 3900
B社株式 売買目的有価証券 1000 1200
C社株式 その他有価証券 2400 1000

A社株式は当社の関連会社株式であるが、業績不振のため翌期に保有するA社株式の全てを売却する予定である。

流動資産に属する有価証券の金額・固定資産に属する有価証券の金額はそれぞれいくらか?

» 正解は・・・

【解答】
流動資産・・・1200
固定資産・・・5100

A社株式は翌期売却予定だが、固定資産に分類される。

関連会社株式には事業投資の性質があり、固定資産と同様の会計処理が求められる。備品や建物などの固定資産は耐用年数が1年未満になったとしても1年基準は適用されず、固定資産であることは変わらない。それと同様、関連会社株式も売却予定などに関わらず、1年基準は適用されず、固定資産として処理される。

» 閉じる




こちらもおすすめ